《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》

《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 《観る「恥ずかしい料理」著者×編集者 特別対談》

愛すべき恥ずかしい料理という名の家庭料理

京都の書店、誠光社より発行された書籍「恥ずかしい料理」。その著者・梶谷いこさんと編集者・堀部篤史さんによる特別対談です。“恥ずかしい料理”と聞くと、失敗した料理? はたまた、おいしくない料理? と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。
著者曰く、作られる方が口を揃えて「お見せするほどのものじゃない」と言うその方にとっては当たり前、でも、その家庭でしか味わい得ない料理を指して“恥ずかしい料理”と表現されています。インパクトのみならず、タイトルの中に込められた家庭料理への思い、そして、誕生した経緯とともにアーカイブする新しい家庭料理学ともいえるこの試みについて語っていただきました。だし文化をベースに受け継がれる家庭料理の自由さを再発見してください。

動画視聴

動画視聴料金は、寄付制を取り入れています

料金についてはこちら

本サイトの動画は寄付なしでもご覧いただけます。 その場合、アンケートへのご協力をお願いいたします。

アンケートはこちら

通常価格
¥500
販売価格
¥500
通常価格
準備中
単価
あたり 
税込


出演者プロフィール

梶谷いこ(かじたに・いこ)

1985年生まれ、鳥取県出身。文字組への興味が昂じて2015年より文筆活動を開始。2020年、誠光社より「恥ずかしい料理」を上梓。そのほかにZINE「家庭料理とわたし―「手料理」でひも解く味の個人史と参考になるかもしれないわが家のレシピたち」なども制作。

堀部篤史(ほりべ・あつし)

1977年生まれ、京都府出身。恵文社一乗寺店にて2015年8月まで店長を務める。独立後、誠光社を立ち上げ、店舗運営、イベント企画、出版などを手がける。著書に『90年代のこと 僕の修業時代』(夏葉社)、『街を変える小さな店』(京阪神エルマガジン社)ほかがある。

映像:FrameBird
録音&MA:平川鼓湖

動画の視聴方法のご案内

料金について(寄付制)

視聴料は寄付制を導入しています。500円、1000円、1500円からお選びいただければと思います。また、おひとりさま何口でもご寄付いただけます。寄付された料金につきましては、4.15〜3.3%が本サイトのクレジット利用料として、そのほかは本サイトの維持費及び今後のだし文化を含む、生活文化の魅力の掘り起こし、及び、継承に向けた動画制作に利用させていただきます。加えて、本サイトの動画はどなたでもご視聴いただけるように無料視聴もご用意しています。その場合、必ずアンケートへのご協力をお願いできれば幸いです。
※ご寄付いただきました代金につき、ご返金致しかねますので予めご了承ください。